こんにちはホワイトニングクリスタル名古屋丸の内店です。

毎日のケアにクレンジングは欠かせませんが、意外と自分に合うものを使っている人が少ないのではないでしょうか。

クレンジングが合っていると毛穴のつまりや肌のごわつきが改善されることも。

逆に間違っていると毛穴が目立ってしまったり、シミの原因になってしまったりすることがあります。

今回はスキンケアで一番初めに行うクレンジングの種類についてお話していきます。

 

クレンジングの役割

油性のメイクを落とすのにはもちろんクレンジングが欠かせませんが

自身から出る油脂やケアに使う油性成分も酸化することで肌トラブルを起こしてしまいます。

メイクのみならず油性の汚れは油性成分で落とさなければ十分ではないため

クレンジングは誰にでも必要といえるでしょう。

 

クレンジングの種類と肌質

クレンジングには種類がありますが、違いは油性成分の配合比率です。

自身の肌質にあったクレンジングを利用すると良いでしょう。

 

クリームタイプ

肌に負担をかけにくいクリーム状のクレンジングで、洗いあがりもしっとり。

洗浄力が低く濃いメイクや油性肌の方には不向きです。

 

リキッド

油性成分が少なく保湿剤が多く配合されています。

アルコールが多く配合されているものもあるので敏感肌の方は注意。

高い洗浄力があり洗いあがりはさっぱり。

敏感肌や乾燥肌の方は成分をよく見て選ぶと良いでしょう。

 

ミルク

水性成分が多くクリームだと重すぎると感じる方にオススメ。

さっぱりとしっとりの中間くらいの洗いあがり。

こちらも洗浄力は高くないため濃いメイクは落ちにくいです。

 

オイル

オイルを主成分に作られており洗浄力が高いので濃いメイクを落とすのに向いています。

かなりさっぱりとした洗いあがりです。

洗浄力が高いので敏感肌や乾燥肌の方には向きません。

 

バーム

固形状のオイルが体温でとろける新感覚のテクスチャーです。

オイルのようにメイク落ちが良いが、保湿成分が配合されているものが多く、洗いあがりはしっとり。

時間をかけすぎたり力加減を間違えたりすると肌に負担がかかるので注意が必要。

クレンジングには様々な種類があります。

自身の肌質や季節などによって使い分けることをオススメします。

私は普段リキッドクレンジングを利用しておりますが

乾燥する時はミルククレンジングやバームクレンジングに変更して利用しています。

自身の肌質が分からないという方はWEBで簡単に診断することができます。

>>無料肌診断

 

このように診断結果からオススメのお手入れ方法も分かります。

私はオイルクレンジングを使用するとニキビができてしまうことがあるので、この診断はすごく合っていると感じました!

お手入れアドバイスも知れるので是非無料診断はこまめに行いましょう。

webで無料肌診断

クレンジングリキッドの使用感

今使っているクレンジングの使用感をまとめた記事はこちら

>>美容スタッフおすすめクレンジング!マツエクもOKなリキッドクレンジング

>>ホワイトニングクリスタル公式LINE☆