このガイドを使って一般の方に「理想の歯の白さ」を聞いたところ、多くの人が「S8〜S12」と答えました。この色は TV によく映るアナウンサーの歯の白さの平均と言われ、一般的に「白い歯」と認識されるようです。

これに対し、日本人の平均的な歯の色は、「S24」程度であるといわれます。つまり、多くの日本人が「白い歯」であるとはいえない歯の色をしているということ。外国人のなかには日本人に対して「歯が黄色い」という印象を持っている人もいるようですが、それはこうした現実によるものなのです

生まれつきの歯の色は多くが「S8」以下

加齢によるエナメル質の摩耗や着色汚れなどを受ける前、生え始めの歯の色は多くが「S8」以下であると言われます。つまり、ほとんどの方がホワイトニングなどを受けることで、「S8」までは歯を白くすることが可能ということです!