「妊娠中はセルフホワイトニングしてもいい?」
「妊娠しているけど歯を白くしたい!」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
ホワイトニングの薬剤の影響が気になる方は多いと思います。
そこで今回は、妊娠している方のホワイトニングについて解説します。

 

□妊娠しているとホワイトニングできない?

妊娠していてもホワイトニングはできます。
しかし、ホワイトニングの中には、妊娠中の方に使用できない薬剤があるため、種類によっては、施術できません。
妊娠中のホワイトニングは、1つ1つの種類や特徴を理解して、自分の状況に合った方法を選ぶことが大切です。

 

□妊娠中の方が利用できるホワイトニング

*セルフホワイトニング

セルフホワイトニングは、使用できる薬剤やライトの種類に制限が設けられています。
そのため、妊婦さんでも安心して利用できます。
セルフホワイトニングで使用する薬剤に配合されている成分は、市販の歯磨き粉や、化粧品にも使われている刺激の少ないものです。
もし、配合成分が不安な方は、ホワイトニングを開始する前に、スタッフの方に「過酸化水素系」の薬剤を使用していないことを確認するといいでしょう。

*歯のクリーニング

歯のクリーニングはホワイトニングではありませんが、安全に歯の見た目をきれいにする方法としておすすめです。
歯石やステインを落とすだけで歯の見た目が大きく改善する場合があります。
さらに、歯科医院で歯を診てもらうことで、虫歯や歯周病の発見に繋がるかもしれません。
妊娠中はついつい日々の歯磨きがおろそかになってしまうため、プロに歯の状態をチェックしてもらうのはおすすめです。

 

□妊娠中に利用できないホワイトニング

妊娠中の方は、過酸化水素が配合された薬剤を使用するホワイトニングは施術できません。
なぜなら、過酸化水素が妊娠中の母体に与える影響は明らかになっていないからです。
そのため、妊娠したお客様は、多くの歯科医院で、過酸化水素を使用した施術を断わられるでしょう。
どうしても、過酸化水素を使用した施術を受けたいと考えている方は、お子さんの授乳期が終了してから施術を受けるようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、妊娠している方のセルフホワイトニングについて解説しました。
妊娠中のホワイトニングについてご理解いただけましたか。
当店は、名古屋を中心に、セルフホワイトニング指導を行っております。
不明な点やお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度、当店まで気軽にご相談ください。