「虫歯があるけど、セルフホワイトニングを利用しても大丈夫?」
最近ではセルフホワイトニングを利用する方が増えていますよね。
とはいえ、虫歯がある場合、歯にどのような影響があるか不安になるかもしれません。
そこで今回は、虫歯がある場合のセルフホワイトニング施術について詳しく解説します。

 

□虫歯があっても施術できるの?

セルフホワイトニングの溶剤は、食品にも使用される無機化合物で作られています。
また、施術で使用するLEDライトは、人体への影響が低い波長域に設定しております。
そのため、歯の治療中や虫歯の方が施術を受けても基本的には問題ないでしょう。
しかし、歯の状態には個人差があります。
施術前に歯医者に確認した上で、先生と相談することが大切です。

 

□セルフホワイトニングの施術で期待できる効果

*虫歯予防と歯周病予防

セルフホワイトニングでは、一般的なホワイトニングのように、「過酸化水素水」での施術は行っていません。
歯の汚れを取り除く施術なので、「白さの効果」という点では、一般的なホワイトニングが優れているでしょう。
しかし、セルフホワイトニングの施術は、ホワイトニング剤のコーティング作用によって、歯質の強化が期待できます。
そのため、虫歯予防や歯周病予防に効果的だと言えるでしょう。
また、歯本来の白さに近づくため、多くの方からご支持をいただいております。

*歯を健全に保つメリット

歯の状態は、体全体のトラブルに影響することをご存知でしょうか?
最近では、食べ物を噛むことができる人は、噛むことが難しい人に比べ、認知症のリスクが少ないという研究が報告されています。
その理由として、「噛む」行為が認知能力や記憶などの脳の機能に影響していることがあげられます。
認知症についてはまだ解明されていない部分が多いですが、認知症のリスクを下げる1つの可能性と言えるでしょう。
また、歯の状態は体だけでなく、メンタルや精神状態にも直結しています。
心と体を健康に保つためにも、セルフホワイトニングの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

□まとめ

今回は虫歯がある方に向けて、セルフホワイトニングの治療について詳しく解説しました。
セルフホワイトニングは、歯を白くするだけでなく、歯周病予防や虫歯予防にも効果的です。
歯の健康を保つために、一度ご利用してみてはいかがでしょうか。
名古屋でセルフホワイトニングを検討中の方は、当店までお問い合わせください。