「セルフホワイトニングにどのような効果があるのか知りたい。」
「セルフホワイトニングで歯が白くならない原因と対策ってあるの?」
そんなお悩みや疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
最近、歯のホワイトニングをしたい方の多くがセルフホワイトニングを利用しています。
しかし、その中には効果をあまり感じない方もいらっしゃいます。
そこで今回は、セルフホワイトニングで歯が白くならない原因と対策について紹介します。

 

□セルフホワイトニングとは

セルフホワイトニングとは、歯のホワイトニングを自分自身で行うことを指します。
歯科医や歯科助手が行うホワイトニングと比べて費用が安く、気軽に行えることが魅力です。
施術に関しての説明やサポートは知識を持ったスタッフが行ってくれるため安心です。
また、食品に使用されている酸化チタンを主成分とした薬剤を使用しているため、痛みが伴うこともありません。

 

□歯が白くならない原因と対策

*歯の汚れや歯石を落とす

歯が白くならない原因として、歯石をはじめとする汚れがついたまま作業したことが挙げられます。
汚れがついていると、歯に薬剤が浸透しにくく、効果が上がりにくいです。
そのため、事前に汚れを除去してから作業を行うようにしましょう。

*薬剤をムラなく塗布する

セルフホワイトニングは自分で施術を行うため、作業にムラが出やすいです。
それにより、薬剤をうまく塗布できず、通常の効果が得られないことがあります。
そのため、スタッフに指示を仰ぎながら、丁寧に作業を進めることをおすすめします。

*着色しやすい食べものを控える

セルフホワイトニング後の食事制限はありません。
しかし、歯の表面の膜が剥がれているため、そのタイミングで着色しやすいものを食べると歯が汚れることがあります。
そのため、ホワイトニングしてから24時間以内に着色しにくいものを食べることをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、セルフホワイトニングで歯が白くならない原因と対策について紹介しました。
このように、セルフホワイトニング自体には効果があるものの、準備や作業を誤ると歯が白くなりにくいことがあります。
もしこれからセルフホワイトニングをされるようでしたら、今回の記事を参考にして、準備や作業をしてみてください。
また、名古屋でセルフホワイトニングを考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当店まで気軽にご相談ください。