セルフホワイトニングをお考えの方はいませんか?
「今の歯よりも白くしたい。」
「セルフホワイトニングの悪影響ってなんだろうか。」
このように、セルフホワイトニングの悪影響について詳しく知りたい方が多くいらっしゃると思います。
しかし、実際に何が悪影響なのかわかりませんよね。
そこで今回は、セルフホワイトニングの悪影響を名古屋の専門店が解説します!

□ホワイトニングの仕組みの違い

ホワイトニングには、セルフホワイトニングとオフィスホワイトニングの2種類の方法がありますよね。
この2種類の方法の「歯が白くなる仕組み」の違いは、使用する薬剤の働き方です。

*セルフホワイトニング

自分自身で行うホワイトニングのことです。
セルフホワイトニングは、歯に直接働きかける薬剤ではなく、歯の表面の汚れを浮かす役割です。
そのため、歯の着色汚れを落とし、本来の白さに近づけます。

*オフィスホワイトニング

セルフホワイトニングよりも、高濃度のジェルやペースト状といったホワイトニング剤を使用します。
そのため、1回の施術での効果が出やすいです。

□セルフホワイトニングの悪影響

*自己流は危険

「歯医者さんでのホワイトニングよりも費用が安く済むから」と言って自己流ホワイトニングを行う方が多いです。
しかし、自己流ホワイトニングでは、知覚過敏になりやすいです。
そのため、費用よりも自分の歯を大切にしましょう。

*個人輸入でホワイトニングするのは危険

「同じホワイトニングだから、個人でやっても同じだよね。」というお考えの方は要注意です。
個人輸入で入手できる海外のホワイトニング剤は、危険性があります。
そのため、基本的にホワイトニング剤の個人輸入はおすすめしません。

*表面の汚れしか落とせない

一見、どちらのホワイトニングも同じ歯の汚れを落とすだけと感じますよね。
しかし、セルフホワイトニングは、オフィスホワイトニングに比べ、歯の表面しか汚れを落とせません。

□オフィスホワイトニング

*適切な処置

もし、施術中に何か異変を感じても、オフィスホワイトニングの場合は、歯医者さんが即座に対応してくれます。

*虫歯の早期発見や治療

事前に歯の点検を行うことで、虫歯の早期発見や治療を行えます。

□まとめ

今回は、セルフホワイトニングの悪影響を名古屋の専門店が解説しました!
当店では、セルフホワイトニングについてのご相談を随時受け付けております。
ホワイトニングの専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当店までお問い合わせください。