ホワイトニングでお悩みの方はいらっしゃいませんか?
「ホワイトニングをしたいけれど、どうすればいいのかわからない。」
「歯を白く、綺麗に保ちたい。」
「セルフホワイトニングって何?ホワイトニングとは違うの?」
このように思ったことがある方もいらっしゃるかもしれません。
近年、社会では女性に限らず男性も綺麗な見た目が重視されている中、インプラントやホワイトニングを利用する方が増えています。
しかし、いざ歯を綺麗にすると言っても、ホワイトニングの薬剤が体にどのような影響をもたらすのかわからない方も多いのではないのでしょうか?
そこで今回は、名古屋市の方に向けて、妊婦さんはホワイトニングできるのかについてご紹介します。

□妊婦さんはホワイトニングできるのか

妊婦さんがホワイトニングをする際には、その薬剤に注意する必要があります。
薬剤の中にはお腹の赤ちゃんに害を与えるものや、授乳中にも害を与えるものがあります。
特に、ホワイトニングをする際に多く使われる過酸化水素や過酸化尿素は、赤ちゃんに影響を与えやすいため、妊娠中だけでなく、授乳中も使用を控えるようにしましょう。
これら以外にも、薬剤には赤ちゃんに影響を及ぼす成分が含まれていることがあります。
そのため、妊婦さんがホワイトニングをする際には、薬剤にどのような成分が使われているのかを確認することが大切です。

□妊婦さんが歯を白くするには

妊婦さんが赤ちゃんに影響を与えず歯を白くする方法は2つあります。

*市販のホワイトニング歯磨き粉を使う

日本で販売されているホワイトニング歯磨き粉は、過酸化水素などを含むものはないため、妊娠中や授乳中に使用しても問題ありません。

*専門店でホワイトニングをする

歯科医のいないホワイトニング専門店では過酸化水素などの薬剤を使用できません。
専門店で使用される薬剤の成分は、市販の歯磨き粉にも使われているものと同じなので、安全に施術できます。

□まとめ

今回は、妊婦さんはホワイトニングできるのかについてご紹介しました。
「見た目を良くしたい。」
「歯を綺麗にしたい。」
と思っている方は、ホワイトニングについて考える良い機会かもしれません。
これを機に、一度セルフホワイトニングを検討してみてはいかがでしょうか?
当店では、お客様ご自身がホワイトニングをすることで、短時間かつ低価格な施術を実現しております。
また、女性に限らず、男性のお客様にも多数ご来店いただいております。
セルフホワイトニングについてわからないことがあれば、お気軽にご連絡ください!