ホワイトニングでお悩みの方はいらっしゃいませんか?
「歯を白く、綺麗に保ちたい。」
「ホワイトニングをしたいけれど、どうすればいいのかわからない。」
「セルフホワイトニングって何?ホワイトニングとは違うの?」
このように思ったことがある方もいらっしゃるかもしれません。
近年、社会では女性に限らず男性も綺麗な見た目が重視されている中、インプラントやホワイトニングを利用する方が増えています。
しかし、いざ歯を綺麗にすると言っても、どの薬剤を使えば良いのかわからない方も多いのではないのでしょうか?
そこで今回は、名古屋市の方に向けて、海外のセルフホワイトニング剤の危険性についてご紹介します。

□ホワイトニングの危険性

一般的に、セルフホワイトニングの薬剤には過酸化尿素が主成分として使われています。
過酸化尿素には歯を漂白する作用があるため、不用意に口に入れると口の中や喉を傷つけてしまいます。
薬品の濃度が高いほど歯や口を傷つけやすくなるので、薬品の濃度が高いホワイトニング剤を使う時には注意が必要です。
通販で販売されている薬剤の中には、危険性の高い薬品を用いているものや、薬品濃度が高いものがあるため、通販でホワイトニング剤を買う時は成分や販売元を確認することをおすすめします。

□海外の薬剤には注意しよう

海外製のホワイトニング剤を買う時には特に注意が必要です。
海外製の薬剤にはクエン酸や酢酸系の成分が含まれていることがあります。
これらの成分は歯の表面を溶かすことで歯を白くするため、ホワイトニングの度に歯に大きなダメージを与えます。
また、日本人の歯はエナメル質が少なく、海外の薬剤が合わないことがあるため、その国の認可を受けている薬剤でも注意する必要があります。

□まとめ

今回は、海外のセルフホワイトニング剤の危険性についてご紹介しました。
ホワイトニング剤を買う時には、販売元や成分を確認することが重要です。
「見た目を良くしたい。」
「歯を綺麗にしたい。」
と思っている方は、ホワイトニングについて考える良い機会かもしれません。
これを機に、一度セルフホワイトニングを検討してみてはいかがでしょうか?
当店では、お客様ご自身がホワイトニングをすることで、短時間かつ低価格な治療を実現しております。
また、施術に使われる溶剤は食品(ヨーグルトやホワイトチョコ)や、化粧品などにも使われている酸化チタンという無機化合物で作られているため、安全に治療を行えます。
セルフホワイトニングについてわからないことがあれば、お気軽にご連絡ください!