「セルフホワイトニング前後で食べるべきではない食べ物について知りたい。」
「歯に着色しやすい食べ物って何だろう?」
名古屋にお住まいでこのようにお考えの方は多いのではないでしょうか?
セルフホワイトニングの効果を長く保つために、できれば施術前後は歯に着色しやすい食品を食べたくないですよね。
そこで、今回は、セルフホワイトニング前後で食べるべきではない食べ物についてご紹介します。

□カテキン・タンニンを含む食べ物

カテキンやタンニンを含む食べ物はセルフホワイトニング前後では控えましょう。
具体的には、コーヒー・緑茶・紅茶・ほうじ茶といった飲料類です。
これらの成分は歯に着色する可能性があるので、この成分を含む食品に気を付けましょう。

□ポリフェノール・アントシアニンを含む食べ物

セルフホワイトニング前後で着色しやすい食べ物の一つは、ポリフェノールやアントシアニンを含むものです。
具体的には、赤ワイン・ブドウ・ブルーベリー・チョコレート・黒豆・ココア等です。
ポリフェノールを多く含む食品は健康面で良いとされていますが、歯に色素沈着しやすいという面もあることを覚えておきましょう。

□イソフラボンを含む食べ物

イソフラボンを含む食べ物もセルフホワイトニング前後では食べない方が良いです。
具体的には、納豆・豆乳・豆腐といった大豆製品です。
イソフラボンもポリフェノールの1種のため、歯に汚れが付きやすい成分とされています。
したがって、施術前後では大豆製品は食べないようにした方が良いでしょう。

□色の濃い調味料

色の濃い調味料も、施術前後では避けた方が良いでしょう。
具体的には、醤油・味噌・ソース・タレ・ケチャップなどです。
色の濃い調味料は、唾液に色が付きやすく、その色の付いた唾液によって、歯が着色されてしまいます。
そのため、施術前後では、色の濃い調味料を使用した食品の飲食を控えることをおすすめします。

□まとめ

今回は、セルフホワイトニング前後で食べるべきではない食べ物についてご紹介しました。
施術前後に安心して食べられるものとしては、ごはん・牛乳・うどん・白身魚・大根といった白色もしくは色の薄い食べ物ですので、覚えておくと良いかもしれませんね。
当店は名古屋のセルフホワイトニング専門サロンです。
名古屋にお住まいで、現在、歯の黄ばみに悩んでおりセルフホワイトニングを検討されている方がいらっしゃれば、是非一度当店へご相談下さい。