「セルフホワイトニングの酸化チタンの危険性が知りたいな」
「セルフホワイトニングの酸化チタンって安全なのかな」
このように思っている方は多いと思います。
セルフホワイトニングについて調べたとき、多くのサイトで酸化チタンの文字が出てくると思います。
「酸化」と聞くと怖いイメージがありますよね。
そこで、今回はセルフホワイトニングに含まれる酸化チタンについて解説していきます。

 

□酸化チタンは危険ではない

セルフホワイトニングでは光触媒作用を用いて施術します。
光触媒作用とは、ホワイトニング剤に配合されている酸化チタンにLEDを当てて有機物や細菌類などを分解することです。
そして、この際にポイントとなるのが、酸化チタンは危険なのかどうかという点です。
歯の表面に使うものですし、安全なものかどうかは気になりますよね。
結論として、酸化チタンは安全です。
酸化チタンの主成分には、食品などにも含まれる無機化合物が使用されています。
また、歯磨き粉や化粧品などの日常使用するものにも多く使用されています。
加えて、痛みがなく低価格かつ短時間でケアできるので、おすすめです。

 

□酸化チタンのメカニズムとは

酸化チタンの安全性はご理解いただけたと思いますが、どのようなメカニズムが働いてホワイトニングができるのかは知っておいた方が良いと思います。
まず、光触媒を用いたホワイトニングは汚れ分解機能、抗菌・殺菌作用、消臭機能、コーティング機能の4つの働きがあります。
まず、ホワイト溶液を歯の表面に塗布することで歯の表面の汚れに酸化チタンが吸着します。
そして、その状態でLEDを照射することで光触媒を起こします。
この際に酸化チタンは汚れを浮き立たせて分解します。
また、終わった後は歯の表面がコーディングされるので、汚れがつきにくくなります。
これによって、抗菌・殺菌作用、そして消臭効果が期待できます。

 

□スタッフにレクチャーされるので安心

セルフホワイトニングはサロンでスタッフからやり方のレクチャーを受けるので、安心して施術できます。
ご自身の手で施術することになりますが、その分費用を抑えることができます。

 

□まとめ

今回はセルフホワイトニングに含まれる酸化チタンについて解説しました。
セルフホワイトニングに興味があっても、酸化チタンの危険性がよく分からなくてなかなか踏み出せなかった方は多いと思います。
しかし、セルフホワイトニングに含まれる酸化チタンは安全なので、最近は多くの方に利用され、その効果が実感できていると思います。
今回の記事を参考にしてセルフホワイトニングを検討してみてはいかがでしょうか。