「セルフホワイト二ングってどんなことに注意したらいいのだろう」
「セルフホワイトニング中の飲み物ってどうしよう」
このように思っている方は多いのではないでしょうか。
実際セルフホワイトニングに興味があっても、セルフホワイトニングの前後に注意すべき飲み物について理解しておかないと、なかなか踏み切れないですよね。
そこで、今回はセルフホワイトニングの前後の飲み物について解説します。

 

□セルフホワイトニングって何?

セルフホワイトニングとは、歯科医師や歯科衛生士に施術してもらう方法ではなく、自分自身の手で施術する方法で行なうホワイトニングです。
施術する前にスタッフからカウンセリングを受けて施術のやり方を教えてもらいます。
歯科医院での施術では過酸化水素を使いますが、セルフホワイトニングでは使わないので、安全な施術となっています。
また、値段も安価で治療できます。
目安としては、3000円から5000円ほどとお手頃な値段となっています。

 

□セルフホワイトニング前後で注意するべき飲み物は?

*注意すべき食品

ホワイトニング中は歯のステインを落とす状態であると同時に、色がつきやすい状態でもあります。
この期間に着色しやすい食品は控えた方が良いです。
控えておくべき食べ物としては、カレーやケチャップ、醤油などが挙げられます。
ポリフェノールを含む食品は歯の着色を促すので、ココアやチョコレートも注意が必要です。
続いて、控えておくべき飲み物としては赤ワインやコーヒー、紅茶などが挙げられます。
また、着色補助食品である炭酸飲料や酢もこの期間は避けた方が良さそうです。

*おすすめの食品

着色を防ぐためには白い、または色の薄い食べ物や飲み物をおすすめします。
おすすめの食べ物としては、ヨーグルトやチーズ、大根、パン、米、エビ、しらすなどが挙げられます。
おすすめの飲み物としては、水や白ワイン、色の薄いビールなどが挙げられます。

 

□どのくらいの期間控えるべきか?

どのくらいの期間控えるべきかは、多くの方にとって気になる問題だと思います。
オフィスホワイトニングは24時間、ホームホワイトニングは3〜4時間は最低限控えることが推奨されています。
セルフホワイトニングの場合も、24時間は着色性のある食べ物や飲み物に気をつけた方が良いです。

 

□まとめ

今回はセルフホワイトニング前後の飲み物について解説しました。
セルフホワイトニング前後の飲み物はどんなものを飲んでいいのか分からないですよね。
飲み物に注意していただくことで、セルフホワイトニングの効果が十分に得られると思います。
今回の記事を参考にしてセルフホワイトニングの飲み物を検討してみてはいかがでしょうか。