「歯が黄色いのが気になるから歯を白くしたい」
「でも思っていた通りの効果が得られるか心配だな…」

このような悩みをお持ちではないですか?
歯が黄色いと、自分の笑顔に自信を持つことも難しいですよね。
そんな中、自分の歯を白くするためにホワイトニングを検討している方も多いのではないでしょうか?
しかし実際にしてみると、「こんなはずではなかった」と後悔してしまう恐れもあります。
そこで今回は、ホワイトニングで後悔しないためのノウハウについてお話しいたします。

□ホワイトニングにおける後悔とは?

*歯が思ったより白くならない

セルフホワイトニングでは酸化チタンを用いることによって、本来の歯の白さを取り戻します。
しかし、歯垢がある場合や着色成分が歯の表面に付着している場合、白くならない恐れもあります。
また、歯磨き粉に含まれているフッ素はホワイトニング剤が歯に浸透するのを妨げる働きがあるため、フッ素コーディングをしていると思ったような歯の白さにならないこともあります。

*痛みが出た

通常のホワイトニングでは過酸化水素を用いるのですが、この濃度が高いと、しみるような痛みを感じることがあります。
特に、国外から取り寄せる場合は日本で認められている以上の濃度の場合もあるので注意が必要です。

*知覚過敏になる恐れがある

ホワイトニングをすると、知覚過敏になることがあります。
一般的に日本人はアメリカ人に比べると、歯の表面にあるエナメル質が薄いと言われています。
エナメル質が薄いと知覚過敏になりやすいので、歯医者さんと相談して、自分に合った方法を見つける必要があります。

□ホワイトニングで後悔しないために

*施術は継続しなければならないことに留意する

ホワイトニングでは、一回で白くなるとは限りません。
また白くなったとしても、色の濃いものを摂取しているうちに、歯の着色は進んでしまいます。
そのため、事前に以下の2点に留意する必要があります。
・ホワイトニングは一回で思い通りの白さを実現できるとは限らない
・施術は継続する必要がある

*セルフホワイトニングを行う

もし施術中の痛みに対する心配があれば、セルフホワイトニングを検討してみてはいかがでしょうか。
セルフホワイトニングなら痛みを感じる原因である過酸化水素を用いる必要はありません。
そのため、痛みを伴う心配が少なく、安全に施術を行えます。

□まとめ

今回はホワイトニングで後悔しない方法についてお伝えしました。
当店は名古屋でセルフホワイトニングを行っています。
何か気になる点やわからないことがありましたら、ぜひご気軽にご相談ください。