「セルフホワイトニングの後にコーヒーを飲んでも大丈夫なのかな?」

当記事では、このような疑問に答えます。
歯の黄ばみが気になると、ホワイトニングの施術を検討する方も多いのではないでしょうか?
しかし、ホワイトニングの施術後にコーヒーを飲むと、また歯の着色が進んでしまいます。
そこで今回はホワイトニングを考えている方に向けて、歯の着色の原因からコーヒーのような色の濃い飲食物を摂取した後の着色防止方法を解説します。

□歯の着色につながるもの

歯の着色原因をお伝えする前に、まずは歯の着色につながるものを挙げていきます。

・コーヒー
・紅茶
・赤ワイン
・緑茶
・カレー
・キムチ
・トマトソース
・醤油
・レモン汁
・タバコ

歯の白さを保つためにはこれらのものを摂取するのはできるだけ避けることをオススメします。

□歯の着色の原因

歯の着色には、主に飲食物の摂取による「外部要因」と、加齢による「内部要因」があります。
今回は外部要因について詳しく解説いたします。
歯の着色の主な原因は、しみのような汚れを指す「ステイン」によるものです。
このステインは、食物に含まれるポリフェノールやタンニンが、唾液の中に含まれるタンパク質と結合することにより生まれます。
またタバコに含まれるヤニは、ステイン以上に粘着力が高いため、さらに歯の着色を促します。
これらのステインやヤニは時間が経過すると、歯の表面を覆うエナメル質にまで浸透してしまうので注意が必要です。

□コーヒーを飲んだ後の歯の着色の解決策

コーヒーを飲んだ後の歯の着色を防ぐ簡単な方法として、主に3つ挙げられます。

*ストローを使って飲むようにする

1つ目は、アイスコーヒーを飲む際はストローを使うようにすることです。
ストローを使って飲むと、コーヒーが歯に当たらずそのまま喉の奥に流し込めます。
そのため、歯の表面に着色しにくくなります。

*ガムを噛む

2つ目はガムを噛む方法です。
唾液には歯の汚れを落とす自浄作用があります。
ガムを噛むことによって、唾液が分泌するので歯の汚れを落せます。

*すぐに水で洗浄する

3つ目はコーヒーのような色の濃いものを飲んだ後は、すぐに水でゆすぐ、またはうがいするのが大切です。
これをするかしないかで歯の着色度合いは大きく変わってくるので、ぜひ水で洗浄することを心掛けてみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は着色の原因とコーヒーを飲んだ後の解決策についてお伝えいたしました。
当店は名古屋でセルフホワイトニングを行っています。
何か気になる点やわからないことがありましたら、ぜひご気軽にご相談ください。