「セルフホワイトニングにおける理想の施術頻度ってどれくらいなの?」

当記事では、このような疑問に答えます。
さて、黄ばんだ歯を白くするためにホワイトニングを始めようかなと考える方もいるのではないでしょうか?
特に最近のおすすめは、ホワイトニングの中でも、比較的安い値段で、痛むことなく安全に治療できるセルフホワイトニングです。
しかし、セルフホワイトニングをしても、治療後しばらく放っておくと、また歯の着色は進んでしまいます。
そこで、今回はセルフホワイトニングを検討している方に向けて、セルフホワイトニングにおける理想の施術頻度をご紹介いたします。

□セルフホワイトニングの理想の頻度

セルフホワイトニングの理想の頻度は、はじめの一ヶ月であれば毎週で、二か月目以降は月1~2回で行うと白さを保てます。
もし、セルフホワイトニングを行った後、しばらくそのままにしておくと、また黄ばんでしまうので定期的な施術を行うことが重要です。

□セルフホワイトニングの持続期間

セルフホワイトニングの持続期間は三週間から一ヶ月程度と言われています。
特に、コーヒーや赤ワイン、カレーなどの色の濃い飲食物やたばこは歯の着色につながります。
これらの食事習慣や喫煙などはそう簡単に変えられるものではないので、一ヶ月に1~2回は歯のメンテナンスを行ってみてはいかがでしょうか。

□歯みがきでの着色予防

ホワイトニング以外に毎日の歯磨きも重要です。
今では着色汚れを取り除くことができる成分を配合したホワイトニング用の歯磨き粉が、たくさん売られています。
そのため、このようなホワイトニング用の歯磨きを選び、毎日丁寧にブラッシングすることを心掛けることが大切です。
また、研磨剤は継続して使うと歯の表面にあるエナメル質を傷つけてしまいます。
したがって、逆に黄ばんでしまう恐れがあるので、研磨剤があまり含まれていないものを選ぶのがおすすめです。

□まとめ

今回はセルフホワイトニングの理想の頻度、持続期間、歯みがきによる自宅での着色予防方法についてお伝えいたしました。
以下の3点に留意してみてはいかがでしょうか。
・セルフホワイトニングの頻度ははじめの月で毎週、翌月から1~2回行うのが理想的
・セルフホワイトニングの持続期間は三週間から一ヶ月程度
・歯磨き粉は研磨剤の含有量が少ないものを選ぶ
当店は名古屋でセルフホワイトニングを行っています。
何か気になる点やわからないことがありましたら、ぜひご気軽にご相談ください。