「最近自分の歯の黄ばみが気になる…」

「セルフホワイトニングを考えているけど、危ないと聞いたことがあるし、大丈夫なのかな?」

当記事では、このような疑問に答えます。
さて、自分の歯が黄色いと、笑顔になるのもためらってしまいますよね。
そんな中、ホワイトニングを試してみたいけど、身体に悪影響を及ぼす噂を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、名古屋在住で歯の黄ばみを解消するためにホワイトニングを考えている方に向けて、ホワイトニングの危険性についてお話しいたします。

□正しいホワイトニング治療を受ければ、安全性は高い

現在のホワイトニングでは正しい治療を受ければ、歯や体に対する危険性は低いと言われています。
一方で、正しい方法でホワイトニングを行わなければ、歯や歯茎に悪影響を及ぼす恐れがあるので注意する必要があります。

□個人輸入でホワイトニングを行う

ホワイトニング剤の主に過酸化水素でできており、歯医者さんで行うホワイトニングは35%以下と安全な濃度で、歯以外の部分に触れないように行われます。
しかし、海外から個人で輸入するとなると、厚労省の安全基準を満たしていないものもあります。
また、アメリカのホワイトニング剤で米国FDA(米国食品医薬局)の許可が下りているものであっても、日本人はエナメル質が比較的薄いため、知覚過敏になる恐れもあります。
そのため、個人輸入商品はおすすめできません。

□自己流で行わない

自己流でホワイトニングを行うと、使用時間や頻度を間違えてしまい、歯や歯茎に悪い影響を及ぼす恐れがあります。
そのため、セルフホワイトニングでは診察を受けたうえで、医師の言った通りの方法・回数で行うようにする必要があります。

□セルフホワイトニングなら痛みは出ない!

通常のホワイトニングでは、医師のもとで行われたとしても過酸化水素が原因で痛みを伴うこともあります。
しかし、セルフホワイトニングであれば、食品などにも使われている酸化チタンと呼ばれるものを主成分としたホワイト溶液が用いられるので、少ない痛みで済みます。
そのため、セルフホワイトニングであれば、安心して歯を白くできます。

□まとめ

今回は、ホワイトニングの危険性についてお伝えいたしました。
確かに、ホワイトニングは個人輸入や自己流といった、正確性に欠ける施術であれば危険性は高いです。
しかし、医師のもとで適切に行うと安心して治療できます。
当店は名古屋でセルフホワイトニングを行っています。
セルフホワイトニングに関して、何か気になる点やわからないことがありましたら、ぜひご気軽にご相談ください。