「黄ばんだ歯をきれいにしたい…」
「ホワイトニングをしたいけれど、安全かどうか心配…」
名古屋周辺にお住みの方で、ホワイトニングをお考えの方はいらっしゃいませんか?
大人の歯は一生に一度しか生えてきません。
ホワイトニングに失敗して歯を傷つけてしまうのは絶対に避けたいですよね。
そこで今回は、セルフホワイトニングの安全性についてご説明します。

□セルフホワイトニングの治療方法

セルフホワイトニングとは、自分自身でホワイトニングを行うことを指します。
専用のサロンに行き、そこでのマニュアルに従って自分でホワイトニングを行います。
セルフホワイトニングで使用するのは、専用の薬剤と、LEDの光です。
歯の表面に着いた汚れは、普通の歯磨きではとれないステインというものです。
薬剤には酸化チタンが配合されており、青色のLEDを当てることで光触媒作用が起こり歯の汚れが落ちるのです。

□セルフホワイトニングの安全性

セルフホワイトニングで一番心配なのは、歯科医師や歯科衛生士がいないという点ではないでしょうか?
たしかに、医療機関で行うホワイトニングと比較すると緊急事態に対応する専門医がいないのは不安ですよね。
しかし、セルフホワイトニング治療の中では、医師がいないと使用できないような危険な薬や機械を使うことはありません。
具体的な薬としては、過酸化水素水があげられます。
ホワイトニングで利用する過酸化水素水は、歯に塗ると一時的に歯の水分を取り除かせます。
それにより、施術中に激しい痛みを感じることがあるのです。
また、脱水状態になった歯は外部の成分を吸収しやすくなっているので、ホワイトニング後に食べ物の色がつきやすくなります。
一方、セルフホワイトニングでは、食品添加物でも使われる安全な薬品とLEDライトを使うため、そのようなリスクはありません。
医師がいなくても、安心してホワイトニングができるのです。

□セルフホワイトニングの流れ

では、セルフホワイトニングはどのように進めるのでしょうか?
ここでは簡単にその流れをご紹介します。
まず、カウンセリングを受け、内容に納得できたら同意書を書きます。
次に、通常の歯磨きを行い、口をあけたままにする器具を装着します。
約1分間そのままにして歯の表面の水分を取り除けたら、次に専門の溶液を歯に塗ります。
その後、LED照射を8分ほど行います。
歯磨き以降の手順をもう一度繰り返し、最後に歯磨きを行うと、ホワイトニングが終了します。

□まとめ

今回はセルフクリーニングの安全性についてご紹介しました。
セルフクリーニングに不安があった方も、セルフクリーニングの安全性をご理解いただけたのではないでしょうか?
ぜひ、一度セルフクリーニングを利用して、きれいな歯を手に入れてくださいね!
また、当店は名古屋でセルフクリーニングを取り扱っています。
なにかわからない点や不安なことがありましたら、ご気軽にご相談ください!