「歯が黄ばんで気になる…」
「真っ白なきれいな歯を手に入れたい!」
名古屋周辺にお住みの方でこのようにお悩みの女性はいらっしゃいませんか?
歯の白い女性は美しく見えます。
いくらオシャレしても、歯が黄ばんでいてはやはり気になりますよね。
そこで今回は、歯を白くするセルフホワイトニングのメリットとデメリットについて解説します!

□セルフホワイトニングとは?ホワイトニングとの違い

セルフホワイトニングとは、LEDを照射する機械を使って自分で歯のホワイトニングを行うことです。
一方、ホワイトニングは、マウスピースを利用して歯科医師や歯科衛生士に指導を受けて行います。

□メリット

*価格が安い

セルフホワイトニングは歯医者さんで行うホワイトニングよりも価格が安いです。
1回3000円~4000円で受けることができます。
ホワイトニングは一回しても、白い歯を一生維持できるわけではないため、定期的に行うことが必要とされます。
価格が安いセルフホワイトニングは持続して通い続けることができます。

*痛みがでにくい

セルフホワイトニングで使う薬剤は、食品添加物として用いられるような刺激の少ないものです。
そのため、痛みが出にくいというメリットがあります。

*ステインが落とせる

ステインとは、コーヒーや食品によってついてしまった歯の表面にできた黄ばみです。
これは、市販の歯磨き剤ではなかなか落とすことができません。
しかしセルフホワイトニングなら、しつこいステインの着色を落とすことができます。

□デメリット

*口内環境を検査してもらえない

セルフホワイトニングを受ける所では、歯科医師や歯科衛生士がいないことが多く、口内の検査をしてもらえません。
口内環境が悪いままセルフホワイトニングをしてしまうと、口の中がはれたり痛みを感じることがあります。
心配な方は、セルフホワイトニングを受ける前に歯医者で見てもらうと良いでしょう。

*表面のよごれしか落とせない

セルフホワイトニングでは、歯の表面の着色しか落とせません。
そのため、歯の全体が黄ばんでしまった人には向いていません。

□まとめ

今回はセルフホワイトニングのメリットとデメリットを解説しました。
歯の色でお悩みの方はぜひ一度、セルフホワイトニングを試してみてはいかがでしょうか?
また、当社は名古屋でセルフホワイトニングを専門に取り扱っております。
なにかわからない点や心配なことがありましたら、ぜひご気軽にご相談ください!