「セルフホワイトニングをしようと思っているけど、光触媒作用ってどうなの?」
「話には聞いたけど、光触媒作用って何?危ないの?」
セルフホワイトニングをするにあたって、光触媒作用が気になるという方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、セルフホワイトニングの光触媒作用についてお話しします。

□光触媒作用って?

 

光触媒とは、簡単に言うと植物が持っている葉緑素のようなものです。
それが作用するのですから、光触媒作用とは、植物が行う光合成のようなものです。
これだけでは理科の授業のようでイメージしにくいかもしれませんね。
光触媒作用は、その難しそうな名前から危険なものだと思われがちですが、全く危険なものではありません。
それどころか、その光触媒作用は安全なセルフホワイトニングの仕組みを担う大事な効果なのです。

□歯の光合成?!

 

光触媒作用について、植物が光合成をするようなものだとお話ししました。
具体的にはどのような作用なのでしょう。
植物が行う光合成は、体内の葉緑素に日光が照射し、化学反応を起こすという働きです。
この作用によって、植物は汚れを浮かしたり殺菌をしたり、酸素を放出したりしていますね。
これと同じ作用が、セルフホワイトニングをすることによって歯に起こるのです。
専用の薬剤を散布し、LEDライトを当てることで、歯に光触媒が発生します。
この光触媒の作用で、歯にたまった汚れを浮かして除去することが可能なのです。
専用の薬剤といっても、自分で行うホワイトニングに使用するものですので、安全面や成分についても充分考えられているので安心です。

□歯にどんな影響が?

 

植物の光合成では、表面の汚れを浮かせるとご紹介しました。
セルフホワイトニングでは、赤ワインをはじめとするお酒によって歯がくすんでいる場合や、タバコを吸って歯の表面が黄ばんでしまっている場合の歯の表面の汚れを浮かせて、取り除くことができます。
光触媒作用によって歯磨きだけでは不可能な歯の掃除ができるということです。
そのため、セルフホワイトニングをすることで
「歯本来の自然な白さ」
を取り戻すことができると言われているのですね。
汚れを浮かせて除去する光触媒作用を何度も繰り返すことで、よりホワイトニング効果が高まります。

□まとめ

 

以上、セルフホワイトニングの光触媒作用についてお話ししました。
光合成のような作用と考えるとわかりやすく、イメージがつかめたのではないでしょうか。
安全な薬剤でしっかりと効果が得られるのも嬉しいですよね。

名古屋のセルフホワイトニング専門店『ホワイトニングクリスタル』では、丁寧で安全なセルフホワイトニングを行っております。
ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。