「歯を白くしたいけれど、ホワイトニングとセルフホワイトニングってなにがどう違うの?」
「ホワイトニングに種類なんてあるの?」
と、ホワイトニングに興味はあるけれど種類や違いがわからずに手を出せないという人は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、セルフホワイトニングとホワイトニングは何がどのように違うのかをお話しします。

□セルフホワイトニングの特徴

 

セルフホワイトニングは、その名前の通り専門のサロンで説明を聞いて本人が自ら施術をするという方法です。
歯を磨き、開口機を装着して薬剤を散布し、LEDライトを当てるという動作を繰り返します。
この方法で、歯の表面に付着している汚れを浮かせて除去するのです。
そのため、セルフホワイトニングを行うと、汚れてくすんでいた歯でも本来の歯の色である自然な白さになるのです。
本来の色に戻す背術なので、白すぎて浮いてしまうということはありません。
人工的な白さではなく、「元から歯がきれいな人」という印象を与えることができます。
何回も繰り返すことで徐々に白くなっていくケースも多く、急激な変化は気がひけるという方にもおすすめです。

□ホワイトニングの特徴

医療機関で行うホワイトニングは、歯科衛生士や医師などの免許を持った人に治療をしてもらいます。
ホワイトニングは歯そのものを白くするという治療です。
また、値段は少し高いですがプロに直接施術をしてもらえるため、安心感があるのも大きなポイントです。
体質によっては使用する薬剤が歯にしみるという場合もあります。
しかし、ホワイトニングをすると歯が明るい白色になります。
「歯が白くてきれいな人」という好印象を与えることができるでしょう。

□コストの違いは?

 

以上でお話しした施術方法の違いの他に、大きな差が出るのは費用面です。
セルフホワイトニングとホワイトニングにかかる料金は、セルフホワイトニングの方が格段に安いです。
特別な資格を持った医師や歯科衛生士によるホワイトニングにはどうしても費用が高額になってしまい、サロンに行って自分で行うセルフホワイトニングでは大きくコストが抑えられます。
そのため、
「費用をあまりかけたくないけど歯をきれいにしたい!」
という理由でセルフホワイトニングを選ぶ方も多いようです。

□まとめ

 

以上、セルフホワイトニングとホワイトニングにはどのような違いがあるのかをお伝えしました。
自分の理想の歯の色や予算と照らし合わせて検討してみてはいかがでしょうか。
医療用の薬剤を使用して、根本的に歯そのものを白くしたいという場合はホワイトニングを、
「芸能人のような真っ白な歯にはならなくても、本来の白さが取り戻せたら充分!」
という方は、セルフホワイトニングを選ぶといいのかもしれませんね。
歯が白いというだけで、自信をもって笑えるようになりそうですよね。

名古屋のセルフホワイトニング専門店『ホワイトニングクリスタル』では、丁寧で安全なセルフホワイトニングを行っております。
ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。