水分補給でよく飲まれる
飲み物といえば……..
 お水
 
 お茶
などが多いのではないでしょうか?
お茶といえば
『緑茶』
をイメージされる方も多い
と思います
緑茶に含まれる
ポリフェノール
 殺菌効果
 
口臭予防
にも効果があるので
デンタルケアにも
最強な飲み物なのですが
やっぱり着色が気になりますよね
紅茶・緑茶・コーヒー・ワイン 等
の色のついたの飲み物には、
『タンニン』という成分が含まれており
これが歯のステイン(色素着色)
の原因と言われております
着色しにくいお茶って
ないものだろうか
と調べてみたら……….
ありました!!
その名も
ルイボスティー
紅茶のタンニンを100とすると
紅茶100>緑茶70>ルイボスティー15
(お茶の種類やグレードにより
誤差があります)
意外なことにルイボスティーは
色が濃いのですが、
タンニンの量はとても少ない
ようです
とはいえ、ステインは
飲む回数を積み重ねること
起こってしまうので
毎日多く飲むと着色は
起こってきます
なので
 ストローを使用する
*歯に触接触れることを避ける
寝る前の歯磨き後に
飲まない
*飲む場合は歯磨き前に
冷ましてから飲む
*タンニンを含んだ温かい飲み物は
歯に小さい亀裂を作り、
そこからタンニンが入り込んで
色素沈着の原因を作る
等の注意が必要です
美容にも良いノンカフェイン
ルイボスティー
普段の生活からコツコツと
着色回避を心がけて
白くなった歯をキープ
して下さいね